そんな日々のNEWS

アクセスカウンタ

zoom RSS 米FRBが緊急利下げ=FF金利0.75%下げ3.5%

<<   作成日時 : 2008/01/23 01:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なんかよくわからないけどこれでちょっとでも景気が良くなるといいですねーー

でもしばらくは良くなりそうもないですねー

でも景気良くても給料上がらないくせに景気悪くなると給料減るからはやく何とかしてほしいですね。


ヤフーニュースより引用

米連邦準備制度理事会(FRB)は22日朝、政策決定機関である連邦公開市場委員会(FOMC)の緊急声明を発表、短期金利の指標となるフェデラルファンド(FF)金利を0.75%引き下げて3.5%とした。米リセッション(景気後退)の懸念、世界的な株価急落に対応した。FRBが定例でない緊急FOMCでFF金利引き下げを決めるのは同時テロ後の2001年11月以来、約6年2カ月ぶり。また、1回の会合で0.75%の大幅利下げを決めたのは、FRBがFF金利誘導目標の公表を決めた1994年以来、初めて。過去には、1984年秋に約1カ月かけてFF金利を1.5%ほど引き下げた例がある。市中金融機関への直接貸し付けに適用される公定歩合も同幅引き下げられ、4%となった。

 FRBスポークスマンによると、緊急FOMCは21日夜に電話会議で行われた。声明は「景気見通しが悪化し、下振れリスクが増大していることに対応した」と説明する一方、金融市場については「短期資金市場の緊張はやや改善されてきたが、幅広い市場の状況は悪化し、一部の企業、家計向けの与信が細っている」と懸念を表明した。
 また、今回の緊急利下げでも「かなりの景気下振れリスクが残る」との状況判断を示し、市場や実体経済への利下げ効果を見極めながら「必要なら適切に行動する」として、さらなる追加利下げの用意があることも示した。 

タグ:米連邦準備制度理事会 FRB 政策決定機関 連邦公開市場委員会 FOMC 緊急声明 短期金利 フェデラルファンド 金利 米リセッション

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米FRBが緊急利下げ=FF金利0.75%下げ3.5% そんな日々のNEWS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる